疲労回復に専念する

<< 戻る   トップ >>

結局、昨日は 0〜5時は眠れなかったのでゆっくり風呂に入ってコンビニの納豆巻をつまみに飲み、13〜14時に近所の台湾料理屋で昼食、18〜23時にいろいろなものを調教して起きていたのが11時間、13時間は寝て過ごした。大変珍しいことに「横になっていた」ではなく本当に寝て過ごしたのだ。昼寝困難体質の私としては快挙だが、やはり疲れが溜っていたのだろうか。今日は肉体も頭脳もとくに睡眠を求めているようでもないので、穏やかに疲労回復を目指す。正しい休日の使いかたのひとつだろう。


作成: 2007-05-27 10:29:54.0更新: 2007-05-27 10:29:54.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=495,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/495