javascript によるアプレットのロードについて

<< 戻る   トップ >>

次の方法でアプレットをロード/実行することはできる。

 var applet = document.createElement( 'applet' );
 applet.code = "wwt.Manager.class";
 applet.width = "100";
 applet.height = "100";
 document.getElementsByTagName( 'body' ).item(0).appendChild( applet );

ただし、 applet.mayscript = "true"; または applet.mayscript = true; によってアプレットの LiveConnect アクセスを許可することができない。 アプレットエレメントはタグごとそのうちなくなることになっているので、オブジェクトエレメントの使用も考慮した。しかし、アプレットエレメントと同様に、

 var applet = document.createElement( 'object' );
 applet.classid = "java:wwt.Manager.class";
 applet.type = "application/java";
 applet.width = "100";
 applet.height = "100";
 document.getElementsByTagName( 'body' ).item(0).appendChild( applet );

と設定してもアプレットはロードも実行もされない。DOM Inspector で調べてみると、そもそも applet.classid, applet.type が設定されない。オブジェクトタグを使用するとこれらが設定されるのだが、どうしたものであろう。


作成: 2005-09-23 12:01:12.0更新: 2006-07-30 15:33:23.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=5,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/5