「神曲」煉獄編

<< 戻る   トップ >>

ようやくダンテの神曲の煉獄編を読み終えた。まぶたを縫い閉じられるとか、飢餓状態でうろつくとか、やがては救われることを除けば地獄の一種だ。解説によれば、次の天国編では自我喪失の地獄が待っているらしい。すでに煉獄編のラストでは記憶の一部を改造される様子が描かれている。キリスト教の天国はただ単に人間を原罪以前の知恵を持たない獣に戻す場所なんだろうか。


作成: 2007-06-12 23:39:09.0更新: 2007-06-12 23:39:09.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=512,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/512