今日のケロロ軍曹

<< 戻る   トップ >>

今、衛星放送の ANIMAX でケロロ軍曹を見てまして、したがって確かに「今日のケロロ軍曹」ではあるのだが、放映年は 2005年であるという、ようするに再放送なのだ初見であって、それが2005年の中学生が1980年代にタイムスリップして実の母親に会う、というなんだかタイムスリップダブル、というエピソードな上に、酔っ払っててどうする、はー、こりゃ。

原作では侵略者クルルと主人公姉弟の、というか姉弟の母との関係は設定されていないのだが、アニメ版ではクルルの母への尊敬または思慕、が感じられる。危ないキャラクターと、一見危なくないのに実は危ないキャラクター (主人公姉弟の母) との危ない交流の物語ではないか。

ほんとうに彼女の記憶は消去されたのか、とか考えるにつけこれは名エピソードなのではないかと。


作成: 2007-06-18 21:54:57.0更新: 2007-06-18 21:54:57.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=518,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/518