Windows PC クローン作成システム (Windows Cloning System)

<< 戻る   トップ >>

network か NetworkManager か

network を使うと問題なく起動する。予想されたとおり、DNS設定ファイル resolv.conf が stat できないよ、とか文句は言っているようだ。だけど動くのでよし。一時は mount 待機ループにしておくか、とも考えたのだがそれをする必要もあるまい。

Live CD 構成ファイル

以下に Live CD の構成ファイル /var/pub/etc/livecd-f7-wcs.ks の主要部を示す。

lang ja_JP.UTF-8
keyboard jp106
timezone Asia/Tokyo
auth --useshadow --enablemd5
selinux --disabled
firewall --disabled
repo --name=d7 --baseurl=http://ring.u-toyama.ac.jp/archives/linux/fedora/linux/releases/7/Fed
ora/i386/os/
services --enabled=network,dhcdbd --disabled=NetworkManager,sshd

%packages
@base
@core
syslinux
kernel

base, core パッケージグループから、次のものを除いている (元にしたのが GNOME Desktop 仕様の構成ファイルなので、core/base に含まれないものも除こうとしているかもしれない)。aspell-*, man-pages-*, compat*, gnome-user-docs, specspo, esc, samba-client, a2ps, vino, redhat-lsb, sox, tomboy, coolkey, ccid, pinfo, vorbis-tools, hplip, *debuginfo.

構成ファイルの %post 処理では、まず /etc/rc.d/init.d に fedora-live を作っている。fedora-live は rc でもかなり早期に実施され、各種サービスの付加/削除などを行う。

%post
# FIXME: it'd be better to get this installed from a package
cat > /etc/rc.d/init.d/fedora-live << EOF
#!/bin/bash
#
# live: Init script for live image
#
# chkconfig: 345 00 99
# description: Init script for live image.

. /etc/init.d/functions

if ! strstr "\`cat /proc/cmdline\`" liveimg || [ "\$1" != "start" ] || [ -e /.liveimg-configur
ed ] ; then
    exit 0
fi

touch /.liveimg-configured

# turn off firstboot for livecd boots
echo "RUN_FIRSTBOOT=NO" > /etc/sysconfig/firstboot

# don't start yum-updatesd for livecd boots
chkconfig --level 345 yum-updatesd off

# don't start cron/at as they tend to spawn things which are
# disk intensive that are painful on a live image
chkconfig --level 345 crond off
chkconfig --level 345 atd off
chkconfig --level 345 anacron off
chkconfig --level 345 readahead_early off
chkconfig --level 345 readahead_later off
chkconfig --level 345 sendmail off

# Stopgap fix for RH #217966; should be fixed in HAL instead
touch /media/.hal-mtab
EOF

さらに、/etc/rc.d/init.d/fedora-live 自身が起動シークエンスの中で実行されるように設定する。

chmod 755 /etc/rc.d/init.d/fedora-live
/sbin/restorecon /etc/rc.d/init.d/fedora-live
/sbin/chkconfig --add fedora-live

ここからがオリジナル設定で、/etc/rc.local に Windows Clone System のメニューシェルを起動する。

cat >> /etc/rc.local << EOF
/bin/mkdir /mnt/nfs /mnt/win
/bin/mount -t nfs     -o rw taurus:/var/pub /mnt/nfs
/mnt/nfs/bin/menu
EOF

この設定ファイルで作成された Live CD のイメージファイルは、/var/pub/images/livecd-f7-wcs.iso として保存されている。

後記: この後、/mnt/nfs/bin/menu およびそこで使用されるサブコマンドの開発に移行した。それはもう久々に取り扱う sh(bash) やら sed やら perl やらとの格闘であった。格闘の過程はすでに忘却の彼方(昨日だけど)。その成果は公開されることがあるかもしれない。

作成: 2007-09-11 11:59:41.0更新: 2007-09-12 21:36:07.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=547,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/547