「ブログシステム構築を通して学ぶ Java」

<< 戻る   トップ >>

世の中には Java の入門書は山のようにある。いまさら入門書を書く、というのはどうかとも思うのだが、ちょっと書いてみたくなったので書いてみることにする。

正統な教科書ならば、予約語・データ型・式と演算子... といった文法の初歩から始める。ここでは、無謀を承知で、実用書的な体裁をとりながら、入門書としてみたい。

ブログシステム

基本的に、ウェブで参照できる時系列的な記録がもっとも単純なブログ (Web Log) であろう。しかし、今日では、ウェブのユーザなら簡単に記録を書き込むことができ、記録の分類や記録に対するコメントを受け付けることができるツールと、そのツールが構成し出力するウェブサイトがブログと見做されているようである。ここでは、入力・構成・出力するツールは一般的には CMS (Contents Management System) と呼ばれる。CMS が取り扱うコンテンツはブログだけではなく、Wiki・SNSなども含まれるので、ここではブログに特化した CMS をブログシステムと呼んでおこう。

ええっと、実はこのサイト自体が Java で構築したブログシステムで構成・出力されているものなのですが、投稿記事を保存しても公開は保留する、というオプションがありません。不要だと思ってつけなかったのですが、今後悔しています。というわけで、本来ならまだ公開されるべき状態ではないのですが、やむなく公開しておきます。


作成: 2007-10-11 13:33:26.0更新: 2007-10-11 13:33:26.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=564,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/564