東京都の法人 2税移譲に思う

<< 戻る   トップ >>

東京都が法人 2税移譲に合意した。慎太郎都知事はいろいろ勿体をつけているが、都の法人税収入は、「都の行政努力の成果」の部分が皆無とはいわないが、「首都だから」法人が作られ、集中した法人が法人を呼ぶ雪だるま式の濡れ手に粟で得られているところも多いのだから無条件で差し出すべきだった思う。その他の自治体については、どの程度が行政努力でどこからが濡れ手に粟か、慎重に評価しなくてはならないが、間違いなく「濡れ手に粟」度は東京より圧倒的に低いだろう。

それにしても、東京都庁の狸っぷりはすさまじい。他の好況自治体は恐れなくとも、東京都だけが恐れなくてはならない政府の「伝家の宝刀二振」を避けて、あたかも政府に積極的に協力する「よいこのじちたい」を演ずるとともに、他の好況自治体に痛撃を与えようとは。

もし、東京都が本件にあくまで抵抗を示したら、政府としては大小二振りの伝家の宝刀のうち、小刀ぐらいはふるったに違いない。大刀は例の「首都移転」だから、今の体力不足の日本でふるったら、振りかざしたままあっちによろよろ、こっちによろよろ、刀を杖に一休みで実は自分の足を刺してしまい、びっくりあわてて抜いた刀で頚動脈切断、なんてことになりかねない。もはや首都移転は現実的ではなく、東京が首都機能を失ったときのバックアッププランと、都庁に対するブラフとして立案しておくべきものでしかない。

小刀の方は、東京特別市と首都長官制への移行だ。東京23区は「首都故に」区の上に市を持たず、直接都につながる特別区となっている。これを通常の行政指定都市にして、固有の自治政体とする。この東京市は「首都故に」都道府県レベルの自治体に所属させず、政府の直轄市にしてしまうのである。市長は普通選挙で選ぶとして、知事に相当する首都長官は国務大臣として内閣に組み込んでしまうのだ。そうなるとかつて都に入っていた「東京市」の都道府県レベルの法人税は国に納めることになる。

東京都下については、旧武蔵・相模・甲斐の国境に応じて埼玉・神奈川・山梨に分割併合してもよし、首都なき東京「府」として残してもよし (府庁は立川あたりがよいだろう)。

おそらく、このやり方は地方自治の精神やら住民感情やらでものすごくマズいとは思うのだが、首都の利権を享受しながら出すもの出し渋っていると、首都移転はともかく「東京都解体」ぐらいはやられかねない、これが慎太郎都知事・都庁があっさり移譲に応じた理由なんじゃないかな。


作成: 2007-12-13 11:13:46.0更新: 2007-12-13 11:13:46.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=584,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/584