サントリーガンダム

<< 戻る   トップ >>

酔っ払いの頭の中というのはどうなっているものなのか、ふと「サントリーガンダム」なんて言葉が合成されることもある。ううん、なんでサントリーなんだろうな、「アサヒガンダム」ならまだ納得出きるのだが、と思っているうちにあとはずるずると「キリンガンダム」「サッポロガンダム」なんてのが連想されていく。後は一気に枝葉がついて収拾がつかなくなるのだが、なるべく筋道だててこの妄想を展開して見よう。

これだけガンダムが揃えば、やはり「機動」ではじまるサブタイトルが欲しい。まず、「機動麦酒戦記」というのを考えた。次に、「ヱビスガンダム」問題を考えたのだが、これは後述することにする。難しいのは戦うべき敵だ。アサヒ・キリン・サントリー・サッポロと揃っているのだから、敵がジオンや連邦では誰も納得するまい。互いに戦って覇を競う、というのも悪くはないのだが勝者をどれにするかが悩ましい (個人的にはアサヒガンダムに勝ってほしいが)。他のお酒、日本酒・焼酎・ウィスキーとかと戦う、というのも考えたが、最終回で邪悪な巨大モビルアーマー・メタノォルを倒し勝っても嬉しくないではないか。いや、メチルアルコールは危険だから倒してもよいか。そうではなくて、それならば、いっそ「酒を飲む自由の敵」・禁酒法と戦う、というのはどうだ。

すいません、いま突然正気に帰りました。酔っ払いの妄想だけに、あまり面白くありませんね。続きを書いたものか、いっそここまでの記事を抹消すべきか、しばし悩んだのですが、自戒の意味もかねてここで打ち切ってさらしものにしておきます。なお、「ヱビスガンダム」問題とは、ヱビスビールの取扱いについて考えたのだけど、敵に撃破され生き延びたサッポロガンダムのパイロットが乗り換えた黄金の機体にする、というだけの話です。


作成: 2007-12-20 23:05:10.0更新: 2007-12-20 23:05:10.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=590,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/590