「平成名前辞典」で遊ぶ

<< 戻る   トップ >>

平成名前辞典」というサイトで遊んでいる。『平成生まれの名前(氏名)をランク別に紹介しています』というサイトで、データの出典については「大手データベース会社から提供された、年齢別の氏名データを使用」とのことなので、データの確かさについてはあくまで個人の責任で判断されたい。また、「氏名のみで個人が特定される場合」などにはデータの削除を受け付けているそうなので、削除された氏名があるかもしれない。

このサイトでは、平成元年から15年までの名前を取り扱っている。だから平成元年でもっとも多い名前は「鈴木健太」である、なんてことがわかるわけだ。そこで、ついつい名前の栄枯盛衰なんてことを調べたくなる。ちなみに「鈴木健太」はこの間に最多氏名(男女無差別級)1位の栄冠に8回も輝いた強者である。

「鈴木健太は平成元・2年と連続して王座を守ったあと 3年に鈴木翔太に王座を譲るが、4年に奪回、その後 9年までは6年連続で王座を守りつづけた。10年に『無冠の帝王』と呼ばれた佐藤匠により王座を奪われた後は不遇の時代が続く。それでも6位以下に陥落しない実力は健在で、王座奪還を虎視眈々と狙っている」なんてことがわかるわけだ。

ただ、このデータ読みを比較的人力によって行っているため、楽しいのだが結構疲れる。いっそプログラマブルに読んで手元のデータベースに移植してしまおうか。

それにしても元年ころには多かったのに減少を続ける名前とか、逆に10年以降勃興する名前とか、いろいろあって面白い。え?私の本名と同姓同名の平成生まれはどうかって?

ひとりもいません。


作成: 2008-01-12 22:08:41.0更新: 2008-01-12 22:08:41.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=598,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/598