がんばれエアバス

<< 戻る   トップ >>

ボーイングも嫌いではないのだが、それ以上にエアバスが好きだ。西川渉さんの航空の現代によれば、巨人機 A380 の二号機がシンガポール航空に引き渡されたそうだ。一方で、ボーイングの新型機 787 の初飛行は遅れるのだそうだ。これだけもたもたしていると、ライバルとして設計されている A350 にもチャンスが回ってくるのではないか。A350 も A330 と何が違うんだ、とか言われてずっこけたりすりむいたりして苦労していたはずだが、そういえばどうなっているのだろう。

いまのところ、旅客機といえばエアバスかボーイングなのだが、スラブ勢の復活も期待している。ツポレフでもイリューシンでもその合弁でもいいから、あっと驚く大型旅客機の名機を作って華々しく復活してくれないだろうか。ボーイングとエアバスだけでは寂しすぎる。


作成: 2008-01-17 23:40:42.0更新: 2008-01-17 23:40:42.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=602,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/602