物欲の趣くところ

<< 戻る   トップ >>

よいこに掃除をしたり、三つのしもべを使役したり、仕事を手伝ったりしていたこともあり、妻から誕生日のプレゼントをもらえることになっているのだが、欲しいものが右往左往してしまってなかなか決まらない。間違いなく欲しいのは、極めて軽量なノートパソコンである。

いまさらノートパソコンで仕事をしようとは思わないので、それほどハイスペックなものはいらない。したがって工人舎のSA5シリーズほどのものは必要ないのだ。ワンセグは携帯で見ることができるし。タッチパネルも便利だがそれなりに限界もあるので。したがって、ASUS の eeePC でよいのだが、これは今年の第2四半期に解像度 1024x600 の新型が出ることになっているので、これまた「待ち」だ。正確にはパソコンとは言い難いが、SONY の mylo COM-2 というのも選択肢ではあるのだが、3.5インチ 800x480 というディスプレイには、今使っている携帯 W54T の 3.2インチ 800x480 というディスプレイの与えてくれた教訓により「それは小さすぎて辛い」と言える。結局、ASUS eeePC の新型を待つのが正解であろう。しかも、これらはいずれも誕生日プレゼントとして価格的にオーバースペックである。

ひところ、Nintendo DS を欲していたこともあった。しかし妻の DS で DSブラウザを試して見たところ、ああ、やっぱり 15,000 円のハードというのはそれなりに限界があるのですね、と痛感してしまった。なにしろ iGoogle の動作にスペックが足りないのだ。妻も買った当時ほど DS を使っていないので、それほど欲しいとは思わなくなった。そうなると、いっそガンプラか、あるいはレベルの 1/72 B-36 か、とも思うのだが、ある程度高価なプラモデルだと、やはりちゃんと塗装して組み立てたくなるものだ。ならば、いっそコンプレッサーとか塗装装備を買ってもらうのはどうか、と思っているのだが。それで塗装の極めて容易なアメリカ海軍機あたりからつくるのだ。ロービジの米海軍機の塗装は楽だぞ、たぶん。


作成: 2008-03-03 22:41:08.0更新: 2008-03-03 22:41:08.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=625,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/625