えっHTML5?

<< 戻る   トップ >>

Impress の Internet Watch 1月24日の記事「W3C、次期標準『HTML 5』の初期草案を公開」にいまごろ驚いている。まるで幽霊に出会ったようなものだ。HTML というのは 4.01 で「終わった」規格で、その後は XHML 1.0、1.1 という風に進んでそろそろ XHTML2 か、というところだ。なぜ HTML 5 なのだろうか。

XHMTL2にはあって HTML4 にない要素に、ナビゲーションリスト <nl> とかセクション対応見出し <h> が加わってくる。こういう新しい機能は HTML4 じゃ利用できない。しかし、XHTML2 では XMLベースの機能がさらに加わって、フォームやイベントの取扱いの大きく変更される。そうなると、新しい要素は使いたいけれど、そのために XHTML に移行する敷居は高い、という状況になる。たいして高い敷居じゃないんだけどな。

HTML4 を XML ベースにする、というコンセプトで XHTML1 は作られてきたのだが、いよいよ XHTML が先行し、それに HTML が追随する局面になったわけだ。すると、HTML5 は XHTML2 「もがき」のマークアップ言語ということなのか。変にもがいてあさっての方に行かないように願うとしよう。


作成: 2008-03-07 18:15:44.0更新: 2008-03-08 02:42:09.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=627,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/627