至福の野球観戦

<< 戻る   トップ >>

売店を手伝うドアラ

二日ほどブログを休んだわけですが、事情はだいたいお察しのとおり「水曜日は勝利の美酒により泥酔」「木曜日は木曜日で勝利の美酒によるきつい二日酔い」である。

水曜日は仕事を半ドンで終えて (ドラゴンズ戦がある日は富山県民の休日のはずなのだが、本件については一部の支持しか得られていない)、富山アルペンスタジアムへ。当日券を購入してドラゴンズグッズショップへ向かう。健気にも、ドアラが売店の手伝いをしていた。さすが格差社会と戦うイキモノだ。

売店では立浪 (背番号3) Tシャツを購入。34 にするか 9 にするかちょっと迷ったが、34 と 9 は来年もきっとあると信じて 3。いや、その来年問題はおいておいても、ファンですから。

我が人生最高の観戦席

そしてスタジアムへ入場。これが当日券で購入できるバックネット裏シートからの全景だ! 念を押しておくと、決してダフ屋とかから不正な手段で購入したものではなく、アルペンスタジアムの切符売場で純正に購入したチケットなのである。我が生涯のプロ野球観戦歴で最高のシートだ。素晴らしい。

このよき席に上機嫌。そうなると当然のことながらビールがうまい。おりから富山は梅雨入り前の快晴で、夏至も間近とあればほぼ飲酒全開状態。デジカメにはバックネットに焦点があうのを回避する機能があるはずなのだが、もはやその機能を使う能力なんか残されていないのである。

試合前、グランド整備を「手伝う」ドアラ 試合前、グランド整備を「手伝う」ドアラ。

1回表に小笠原が 1点献上してどうなるかと思われたものの、ヒットと敵のエラーに乗じてするすると得点。こちらはばんばかビールを飲むわけで、そうなると「ドラゴンズの試合をナマで見ている」「しかも特等席で」「そしてビールがうまい」で、なんだか本当に試合をちゃんと観戦しているんだかどうだかわからなくなった挙句の果てに恍惚境に至るのでありました。

途中逆転されるとかの不幸な事故もなく、最終回岩瀬さまのリリーフをお迎えするわけでありますが、そのときにはなんとかストライクカウントを数えるのがやっと。そもそも私の観戦はドラゴンズにとっては不吉で、「観ると敗け」という不幸が長らく続いていたわけですが、今年悲願の「観戦二連勝」を達成いたしました。かくして、法悦の泥酔のもと帰宅したのであります。

何回だったのかも覚えていませんが、たぶん7回でしょう。   ああっ!岩瀬さま!!

目指すぞ「観戦三連勝」。それから、ネットがあってもピントを合わせる撮影術を身につける。


作成: 2008-06-20 19:28:44.0更新: 2008-06-20 19:28:44.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=659,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/659