季節外れのマジック計算

<< 戻る   トップ >>

阪神が強い。どのくらい強いかというと、「ペナントレースはこのくらいにしといたるわ。クライマックスシリーズではこうはいかないから覚えとれー」と不完全な大阪言葉で言いたいぐらいに強い。まあ、7月の10.5ゲーム差なら逆転例はあるはずだし、まだどうなるかわからない。それはともかくまさかと思うが、マジック点灯が近づいちゃいないか。

7月6日現在、阪神は 73戦 49勝 23敗 1分 71残 13D である。13D はドラゴンズとの残り試合だ。一方、ドラゴンズは 74戦 38勝 33敗 3分 70残 になる。ドラゴンズが残り全勝すれば勝率 108/141 = 0.766 で、その場合阪神は 107/143 = 0.727 でまだマジックは出ていない。正確にはまだ出ていない、というべきで、もうちょっとで出てしまうではないか。

チームT残M
阪神734923171--
中日7438333701360(2)
読売7638362681558(2)
広島7133344731658(3)
東京7132381731357
横浜7121491731446

ここで、マジック計算の前提である「対象2チーム以外は負ける」を生かしつつ、「直接対決をいくと落としたらマジックが点灯するか」を考察してみたい。例えば一つ落とすと、ドラゴンズ 107/141 = 0.759 : 阪神 108/143 = 0.755 でまだ大丈夫だ。ところが二つ落とすと、D 0.751 : T 0.762 でマジック点灯だ。念のため 1つ落として1つ引き分けでは、 0.764 : 0.761 で大丈夫。しかし、直接対決で二つ負けるとマジックが点灯する。なんてこった。

ここで、阪神の各球団に対するマジック点灯状況を確認してみよう。

横浜と東京ヤクルトにはすでにマジックが成立している。その他3球団については、直接対決で () 内の数字を制すればマジックが成立する。いやあ、ほんとうに阪神さんはお強い。


作成: 2008-07-06 10:35:09.0更新: 2008-07-06 10:35:09.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=672,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/672