娯楽サイトとしての Wikipedia (JP)

<< 戻る   トップ >>

これまでさんざん使えないだの集団痴だのとバカにしてきた Wikipedia (日本語版) であるが、娯楽サイトとしては非常によい、と思うようになった。昨晩 BE@RBRICK のスターウォーズキャラクターについて書いた後、Wikipedia の日本語版でスターウォーズ関連のことを調べていくととにかく面白かった。

あいかわらず、辞典としては「裏付けをとる必要がある」いう致命的欠陥を有しているのではあるが、こういう「別にかつがれてもいいや」な話題を調べていると、ハイパーテキストの利点を実にうまく使った痴的 (知的と紙一重) 娯楽を提供していると思う。別にジェダイの語源が時代劇であろうとなかろうとどうでもよいのだ。もちろん、アメリカの神話としてのスターウォーズを論じる場合には重要だけど。

Encyclopaedia としてはザクや Zaku が独立項目になっていてはどうかとは思うが、エンターテイメントとしてはその意気やよし。Wikipedia への娯楽サイトとしての問題点は、楽しくて時間を忘れる、という最大の讃辞である。そう言えば Wikipedia が腐る季節がやってきた。日本の中学生の集団痴力を大いに楽しみたい。


作成: 2008-07-17 21:07:18.0更新: 2008-07-17 21:07:18.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=682,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/682