9時間経過

<< 戻る   トップ >>

自宅でタバコを吸うときは、二階のバルコニーで吸っていた。このバルコニーに至のがパソコンを置いてある、今まさにいる部屋である。さきほど認識したのだが、この部屋に入る瞬間に喫煙の欲求が起きる。正確には、「喫煙して満足している自分の姿」をありありと想像している。試みに、入室の際に「タバコやめるぞー」と思ってみた。

勝てる。

部屋に入る、という何気ない日常の動作に喫煙習慣が関連づいているのだが、意識すれば喫煙によって発生する不利益と禁煙によってもたらされる幸福を認識しした上で欲求を抑えられる。あとは、「何気ない日常の動作」と喫煙習慣の関連性を洗い出して予防線を張ればよいのだ。それはここ2/3日は「予期しない関連性」に動揺するだろうし、なにしろ入室なんていう本当に日常の動作なものだから予防線をはりきれないこともあるだろうが、ニコチンの罠を見極める自分を獲得したと思う。


作成: 2008-08-02 03:05:01.0更新: 2008-08-02 03:05:01.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=690,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/690