”オリンピック”を観ながら

<< 戻る   トップ >>

"オリンピック" については、「運動会」への嫌悪感からさんざんな悪態をついてきたわけだが、このたびの北京オリンピックについては比較的素直に楽しんでいる。そもそも、大嫌いな「かけっこ」こと陸上短距離は日本人は全体的に苦手らしく、話題にすらならない。基本的に陸上種目はどうでもよいのだ

そんな中でやはり「楽しみ」としているのは、マラソンと野球である。マラソンが「陸上競技」の一種目であるかのような誤解をしているヒトもあるかもしれないが、マラソンは古代オリンピック以来の「歴史競技」であって、決して陸上競技ではない。そして野球といえば、なんといっても野球である。われらがドラゴンズとて、荒木・森野・川上・岩瀬を送り込んでいるので、この種目については日本チームに頑張ってもらいたいものである。

それにしても、柔道については、是非とも競技発祥の地「日本」にメダルを一つも与えないように、次回ロンドンオリンピックではアメリカ・ヨーロッパ勢を初めてとする諸国に期待したい。

...

それはそうと、2500カウントは昨晩 (2008年9月18日) 私がとりました。


作成: 2008-08-19 20:27:40.0更新: 2008-08-19 21:26:24.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=696,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/696