福田 II 総理辞任

<< 戻る   トップ >>

福田総理 ver.2.0 も辞任したことであるし、九月に入ったことでもあるし、禁煙1ヶ月をなんとか経過したことでもあるし、久しぶりに日記をつけようかと思ふ。

その他にも、「夏休みが終わって久々に出勤した」というのもある。ろくに仕事もないだろう、と思ったら意外にもヘビーな仕事があった。その他の経緯は (気が滅入るので) ともかく、最終的にはコンピュータウィルスの感染が成立した Windows パソコンの治療である。だいたい、このケースではウィルス対策ソフトでなんとかできてもいいはずなのだが、いい具合に感染していたらしく、ウィルス対策ソフトでも排除できなくなっていた。ウィルスは USB 媒体移転型で、EXPL0RER.EXE というファイルを作成する。ところで (これはブラウザの表示によっても違うのだが) EXPLORER と EXPL0RER の微妙な違いにお気づきだろうか。たぶん、EXPLORER と EXPL0RERなら判別できると思うが、大文字のオーと数字のゼロの違いである。ウイルスが「ゼロ」の偽装ファイルを作るのだが、こちとらコンピュータを使う以前から航空機の座席表示によって i と o は 1 と 0 に紛らわしいから区別する、という知識を持っていた人間である。しかも、ウィンドウズの設定ダイアログの小さな文字でもカンマとピリオドの区別がつくほどだ。あまりにも子供ダマシすぎると言えよう。

Delacroix から HP2133 へ転送中

名前の分かった魔法への対抗魔法は簡単だ。レジストリエディタでその名を持つプロパティを除去し、タスクマネージャを起動してその名を持つプロセスを止め、explorer でその名のファイルを除去すればよい。

帰宅してほどよく酔っ払っていたところ、妻から degas を養子にしたい、との申し出があった。代わりに旧 Delacroix をくれるのだそうだが、それはいろいろと困る事情もあるし、そもそもダウングレードになるし。ということで、HP2133 のレンタルで手を打つことにした。問題は HP2133 には Vista が搭載されている点だ。しかしながら、どうやら "Windows 転送ツール" で各種設定後と転送が可能らしい (きっとうまくいかない)。それで転送を試みている。そろそろ3時間になるが完了しないのは Microsoft 製品だからではなく、データ量が多いからだと善意に解釈してみることを試みることにする。


作成: 2008-09-01 23:35:27.0更新: 2008-09-01 23:35:27.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=699,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/699