禁煙の後始末

<< 戻る   トップ >>

ひと度ニコチンに依存してしまった人間にとって、禁煙は生涯に渡って追求しなくてはならない問題なのだが、とりあえずニコチンの急性渇望から逃れた今、いよいよ禁煙の後始末にかからねばならない。

禁煙によるニコチン離脱症状を緩和するために、ニコチン摂取以外の快感、とくに飲食の快感の追求は抑制することなく開放してきた。とくに取り敢えず「口寂しさ」を紛らわすガムとかは無制限であった。その結果は当然体重の増加となって現れる。しかし、ニコチンと肥満、両方に同時に対処するのは私には不可能だ。したがって禁煙の「副作用」として肥満は止むなし、というスタンスで臨んできた。ここらで主症状が抑えられてきたことだし、ぼちぼち副作用を潰しにいこうと思う。

で、二月より肥満対策を開始する。現在の体重は 79.6kg。え。

え。

え。

え。

え。(しつこい)

えぇと、これって生涯最大体重。っていうか、まずい、やばい、太りすぎ。

動揺しているところであるが、とりあえず 75kgまでは落とさないと (計測する前は目指せ 68kg とか思ってました)。

うわぁ。(だけど1月いっぱいはなにもしないの)


作成: 2009-01-22 21:15:19.0更新: 2009-01-22 21:15:19.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=730,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/730