エコロジーおよびニコニコに関する一考察

<< 戻る   トップ >>

ベタといえばベタないたずら

マッチ棒クイズならば、「エコにマッチ棒一本足して色っぽくしろ」という設問になるだろうか。10月のある日の通勤風景である。まああまりにもベッタベタないたずらなので、これ自体で笑うというよりは「犯人は運転手自身か・知り合いか・はたまた単なる通りすがりか」「運転手自身はこのステッカーを背負って走っていることを知っているのか・気がついていないのか」等を想像して楽しむのが正解だろう。

エコと同様にニコニコもマッチ棒4本でエロエロになってしまう。8年ほどまえ、スーパーマーケットの離れにぽつねんとたつ「エロエロかっちゃん」という看板のかかった小屋を見たことがある。てっきりエロ本/エロビデオの自動販売機の小屋だと思い、青少年の健全育成の観点からスーパーの同じ敷地内にそれがあるのはどうよ、と憂慮したりしたのだが、実は「ニコニコかっちゃ」というコイン精米機の小屋であった。最後に「ん」まで足されるという懲りようだ。エロドライブの推進者にもぜひもう一ひねりお願いしたい。


作成: 2009-12-24 17:31:58.0更新: 2009-12-24 17:31:58.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=810,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/810