Twitter について

<< 戻る   トップ >>

片付けられない女魂」というブログが好きで、定期的に読みにいっている。RSSの類を使えば便利なんだろうが、購読しているブログがそんなに多くはなく、「ブログを巡回して、新しい記事が入っていたらうれしい」というパターンが染み付いてしまっているので、新着記事をシステマティックにチェックする必要性までは感じない。このブログの更新ペースがだいぶゆっくりになったと感じていたところ、サイドペーンに Twitter へのリンクがあることにようやく気がついた。いや、更新ペースと Twitter の因果関係はないのかもしれないが、それを発見したのはなかなか更新されない無聊を慰めるべく、普段はじっくり見もしない部分をじっくりと読んだからである。

Twitter については、かねがね「何がおもしろいのか」理解不能であった。「片付けられない女魂」の筆者である夏目の姐御のつぶやきならばあるいはおもしろのではないかと思い、姐御の「つぶやき」を読んでみた。たまにおもしろいつぶやきはないでもない。しかし、全体としてはそれほどおもしろいわけでもない。Twitter って何が面白いのだ?

そこらへんでようやく何か重大な見落としがあるのではないか、と気がついた。そこで Twitter のサイドペーンを見やると、「フォローしている・されている」カウントが表示されている。夏目嬢は51フォローし、95フォローされているらしい。フォローしている人々については一覧があって、敬称略で江口寿史や白戸家の犬な父 (Softbank) やまねきねこダック (Aflac) などが挙がっている。ということは、もしかすると Twitter に登録して複数... いや、多数の Twitter ユーザのつぶやきを集約して読むことが本来の Twitter のおもしろさなのではないか。ウェブサイト (ブログを含む) のように、それ単独で文書化されているものではなく、つぶやきという断片の集積が Twitter なのではないか。

ひとつひとつはそれほどおもしろくもない断片が集積することによって何がおこるのか。それを知るには結局、Twitter に参加してみるしかないのだろうな。

重要なメモ/マウスがいうこと聞かん時にはとりあえず抜き差し。


作成: 2009-12-28 15:02:54.0更新: 2009-12-28 22:29:36.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=813,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/813