プログラミング環境の整備

<< 戻る   トップ >>

「納戸」雑誌・ダンボール廃棄後

技量維持のためのプログラミング環境の整備などをしているのだが、これがどうしたものか職場の模様替えから始まってしまい、まあ、ある意味では環境は確かに整いつつあるのだが、一向に Eclipse を使うという段階に達しない。これから盆休みなので、休み明けに部屋の片付けをとっとと終えてプログラミングに入りたい。

環境整備といえば、「納戸」の片付けは「紙のゴミ」も忘れず捨てて順調に進行している。あとはコンパクトに集積すればよいのだが、問題は「書斎のオーバーフロー処理バッファ」として「納戸」を使用し、書斎のオーバーフロー状態が一向に解消しないばかりか、連綿とフローしてくる妻の物品である。

この記事は iPad を使って書いている。さて、デジカメの写真をアップすることはできるのだろうか。ちなみに私のデジカメには Bluetooth なんて気の効いたものはついていない。


作成: 2010-08-11 18:13:02.0更新: 2010-08-11 18:34:50.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=862,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/862