シッカロール

<< 戻る   トップ >>

今年の炎暑はすさまじく、とくに汗で「まるで両生類のような」湿った肌になってしまって不快なので、シッカロールを使用することにした。実家では父をはじめ全員がシッカロールを愛用していて、家庭の常備薬とも思っていたが我が家にはなかった。

よく見れば Baby Powder とも書いてある。 ちなみに、「てんかふん」は天瓜粉とも書くのだそうだ。これは天花粉の主成分がキカラスウリのでんぷんだからだと思われる。

購入するにあたってまず疑問に思えたのはその名称「シッカロール」である。なにしろしばらく見ていないものだから本当にそんな名前だったのかあやしくなっていて、そもそもこれは薬剤の名前なのか商品名なのかさえ定かではなかった次第である。そう思うと、実家でシッカロールの別名として使われていた「てんかふん」も怪しい。まさかと思うが、実家のローカルネーミングや覚え違いではなかろうか。

そう思ったのだが、シッカロールは健在だし(和光堂の商品名)、あえて和名にすると「てんかふん」で漢字では「天花粉」なのだそうだ。そしてもっとも一般的な名称はベビーパウダーである。そうかベビーパウダーだったのか。不思議と商品名と和名だけを実家ではつかっていたのだな。

それにしても、おそらくこれかれも「ベビーパウダー」とは呼ばないだろう。習慣とはそういうものだ。


作成: 2010-08-24 22:00:00.0更新: 2010-08-25 15:28:47.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=867,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/867