カードの顛末

<< 戻る   トップ >>

三階層システム(笑)

ポイントカードをどのように制御するかについては、「整理する、すなわち捨てる」が基本ではないかと推測したが、やはりその通りだった。とにかく今までは「いっぱいある」ことはわかっていても実際に60枚を越えているとかの現状は把握していなかったのだ。この枚数を知ってみれば捨てるしかないのは明らかだ。

たしかに1年ぶりに訪れる店などもあるわけだが、冷静に考えてみればそんな頻度でポイントが有効に貯るはずもない。そうはいっても未練はあるので、財布 (カードポケット: 8)・カード入れ (10)・カードバインダ (200) の体制を組んでみた。頻繁に使用するカードが財布に、次に使用して実効もあるものがカード入れに、その他の「捨ててもよいのではないか・捨てた方がよいのではないか」なものがカードバインダに入る仕組みである。まあバインダの容量が200ポケットというのがミソだ。

とりあえずこの三段階体制で運用してみることにする。

...

カラーコーディネートを変更してみた。テーマは「紅葉を表現しようとして思いっきり失敗」である。テーマは失敗だが開発環境から .war アーカイブを連れてきてサイトが変更できたからその意味では成功なのだ。テーマ「紅葉」について研鑽を積んで改良したい。


作成: 2010-08-27 15:48:25.0更新: 2010-08-27 21:23:53.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=870,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/870