突然の「沿革」について

<< 戻る   トップ >>

今「技量維持」のため取りかかろうとしている「鴨乃嘴南蛮」新バージョンについて、Version 5 であろう、としたのだが、この際きちんとカウントしよう、ついでにこのサイトのプロバイダー遍歴なども合わせて「沿革」を書いておこう、と思い立った。それが昨日の記事「沿革」である。

ふと気がつくと今度の12月02日がサイト公開以来10周年ということになる。そうなると忘れてしまったことも多く、これはどうなっていたんだろうと、思い悩むこともある。Version 1 に関してはどちらかというと「忘れてしまいたい」もので、今となってはロゴぐらいしか継承されていない。ところが、Version 2 「全アプレット版」は、公開日はわかるもののいつ運用を終了したのかがわからなくっている。

2004年末から "Version 3" の構想が語られ、それが現在の「Ajax版」の遠い原型になっていることはわかる(2004年12月06日にはスクリーンショットまである)。また、同じころ当時利用していたプロバイダ DION (現在の au one NET) のダイナミックDNS を利用した家サーバを運用し、"Version 3" はこちらで運用する予定だったようだ。

この DION の家サーバの運用状況もよくわかっていない。ダイナミック DNS コントロールクライアントの DiCE の運用などで苦労した記憶はあるので、しばらく運用していたことは間違いない。ところが、そのサーバ URI さえよく覚えていないのだ。さらに、そのウェブサーバでどんなコンテンツを運用したかもわからない。Version 2 は DION のホームページサービスのみで運用されていた可能性があるのだ。結局、DION の家サーバにはなにがあったのだろうか?もしかすると妻のウェブサイトだけだったのかもしれない。

悲しいことに、たった5年前のことすら定かではない今日この頃の私である。


作成: 2010-09-08 17:37:33.0更新: 2010-09-08 18:10:52.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=882,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/882