煙とナントカは高いところに登る

<< 戻る   トップ >>

ANA Boeing 767-300 羽田にて。

東京・池袋に出張した。計画性に乏しい私にしては珍しく全日空の「早割」予約などをしたのだが、早割を使うと、便によっては JR の往復割引券より安くなる。しかも飛行機は大好きだ。機材は食傷ぎみの 767-300 だった。そのうち 787 にリプレースして消えゆくと思えば、貴重な経験かもしれない。

そういえば 787 のデビューは来年になるようだ。全日空としては北京五輪で使うつもりだったのに倫敦五輪には余裕をもって間に合った、というオリンピック的にはまるまる夏オリンピック一つぶんの遅れである。いや、これだってこれ以上トラブルがなければ、であって一歩間違えればヒースロー空港に787の姿無し、ということがないともいえないだろう。

立教大脇のふくろう像 江戸川乱歩邸のそばにあるので、さぞや由緒のある像かと思ったら、任意団体によって21世紀に設置されたものらしい。

要件のあと立教大学近辺のふくろう像・江戸川乱歩の旧宅やらを散策し、焼き鳥の名門・秋吉の位置を確認してからサンシャイン60に向かう。サンシャイン60の開業は1978年だそうだから、高校2年の時だ。しかしながら池袋という街自体に疎遠であったし、超高層ビルも霞ヶ関ビル、世界貿易センタービル、京王プラザと食傷気味であったのでついぞ訪れたことがなかった。今回突然訪れる気になったのは別に「機動戦士ガンダム00 inサンシャイン60展望台」のためではなく、会議終了から秋吉開店まで間があったからである。

サンシャイン60屋上展望台よりスカイツリーを望む いまだに「スカイツリー」ではなく「墨田タワー」と呼んでしまう。

訪れるまで、「一回ぐらいは登ったことがあるのではないか」という疑念を持っていたのだが、その経路を歩いた記憶など一切なく、開業以来32年で初登頂となった元東京都民なのであった。思えば、世田谷区在住のころは渋谷圏内、府中市は新宿圏内であるから、本当に池袋とは縁がない。今日だって浜松町から池袋に向かうのに山手線外回りを使う所だった (わずかな差だと思うが)。

驚いたのは屋上に出られたことだ(スカイデッキ)。超高層の屋上とは初めての経験である。開放されているのが南側だけというのは残念ではあるが、ガラス越しではない地上高240mは... 意外と普通にビルの屋上だった。眺めはたしかによかったが。それよりも最上階室内の下を覗き込める窓の方が「今地震があったらガラスを突き破って墜落するであろう」恐怖を楽しむことができた。

基本的に「ナントカ」なので高いところは大好きだ。見れば軽食コーナーがあって生ビールも売っている。これから焼き鳥の名門でしこたま飲む予定であるし、ビールの練習をしておくというのは大変よいアイデアだ。高いところにビール。ナントカにとっては最高の組み合わせであった。

地上60階の生ビール。至福。

作成: 2010-09-11 10:00:00.0更新: 2010-09-13 11:22:31.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=885,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/885