IE をなんとかしろ

<< 戻る   トップ >>

どうも嫌なな予感がしていたのだが、やはりIE はいうことを聞かない。Mozilla, Safari, Opera の三つのブラウザではおおむね次のような外観になる。
snapshot-1.png
そしてこれが IE だ。
snapshot2.png

IEときたら...。死んじゃえよ、もう。あいかわらず PNG 形式のグラフィックスの透過色を扱えないし、CSSの right と bottom の解釈は間違っとるし、なにを考えているのだろう。

あまりに頭にきたので、最初のデザインのターゲットからIEを外す。Mozilla, Safari, Opera での動作確認でいいや。すごくCSSがややこしくなりそうだし。

その後、msdn でこんな記事が見つかった。 Internet Explorer 6 における CSS の拡張 DTD のあるなしで標準互換モードになるんだと。本当か?本当なのか?きっとうそだ。と思うが、いちおう試してみることにする。

うそではなかった。たしかに、border の取扱いは正しいものになるようだ。ただし、DTDを最初の行を書かねばならない。<?xml/> が先頭行にあるとダメなようだ。XHTML は最初に XML 宣言をいれるのが正しい書式ではなかったか? どこまで行ってもダメブラウザだな。

HTMLエレメントの配置については、標準互換モードでも駄目だ。left: 20px; right: 20px; ちゅうたら親エレメントより左右に20ピクセルちっちゃいエレメントができるべきではないのか?

あまりのどうしようもなさに呆れるばかりだ。とにかくIEは無視してウェブサイトを構築し、気が向いたらIEに対応させることにしよう。てなことやってると Windows VISTA 用の IE 7.0 あたりでなんとかなるかもしれないし。


作成: 2005-12-28 18:13:34.0更新: 2005-12-28 18:13:34.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=90,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/90