787 にいつ乗るか

<< 戻る   トップ >>

あいかわらずボーイング 787 は苦労しているらしい。9月25日付の「Aviation Now/航空の現代」によれば、GE製エンジンを搭載する6号機が飛べずに入るのだそうだ。

これだけ苦労しているのを見せつけられると、量産機に乗れるようになっても喜んでホイホイと乗ってしまってよいのだろうか、という不安を覚えなくもない。製造上の凡ミス (配線のつけちがえとか) は乗客を載せる前に発覚するので大丈夫としても、飛行制御系のプログラムとかは十分にテストされてからリリースされるのだろうか。まあ凡ミス・プログラムのバグは杞憂としても、やはり遅延の原因ともなった複合材と、そのクオリティとかは大丈夫なんだろうか。なにしろ初期の問題は世界各国のメーカーの作ったパーツの品質に問題があったのだそうだ。

そんなわけで量産機就航から 1年ぐらいは、できれば 767/777 に乗って問題が起きないか様子を見たい気もする。でもチャンスがあれば乗ってしまうんだろうな。新しい飛行機は大好きだ。


作成: 2010-10-07 11:19:55.0更新: 2010-10-07 11:19:55.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=920,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/920