新たなる公開備忘録

<< 戻る   トップ >>

カウンタグラフ 2010/10/12

アクセス数のグラフを示す。ややペースアップと言ったところか。

Twitter でもブログ更新以外の情報も発信していきたいところであるが、ブログと Twitter の併用はそれなりの難しさを予感させる。例えば、敬愛する夏目の姐御は、Twitter を始めた途端ブログを更新しなくなった。いわゆる「ブログ本」を出版したブロガーである。夏目の姐御の場合、一回あたりのブログ記事量が豊富であり、Twitter 以前でもそれほど頻繁に更新していたわけではないが、昨年11月からしばらく更新が止まり、8月に復帰するかに見えたが再び今日まで更新が滞っている。8月に復帰しかけたときには「ちょうぶんのれんしゅう」という記事に「ネタはたくさんあるのに、如何せん8ヶ月半、140文字以内の、文章とも呼べないようなものをTwitterに書くだけだった」のでリハビリが必要になった、と記している。一時期姐御の Tweet をフォローしていたことがあるのだが、なかなか活発であった。

いわばブロガーが Twitter に魂を抜かれたというか、移籍してしまった例とも言えよう。Twitter と距離を置きたいと考える理由に、ブログと Twitter との両立はできないのでは、との危惧がある。しかしよく考えてみれば、今起きたとか食事しているとかの生活情報や、出勤したとか帰宅した等の所在情報は決して公開したくないし、ブログはデザインやプログラミングを含めて楽しんでいるわけだから (Twitter でもカスタマイズはできるのだろうが) Twitter に走ることはありえないのだ。むしろ、「生活や所在の情報を流さない」ならこれまでと同様に「なにを Tweet するのか」に困るぐらいだろう。

それでも Twitter を活用する術はあるのだ。近頃、ブログに書きたいことが思い浮かぶのだが忘れてしまうということが多い。そういう年頃なのだ。ブログの記事やその他の備忘録としてなら、非常に有用なのではないか。

この「鴨乃嘴南蛮」ブログが備忘録と脱却するとともに、Twitter を公開備忘録とするというのは悪くないアイデアだ。うむ、公開備忘録として Twitter を活用することにしよう。


作成: 2010-10-13 10:49:47.0更新: 2010-10-13 11:44:47.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=922,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/922