やはり災厄の November

<< 戻る   トップ >>

「ケンタッキーフライドチキン」のコールスローを食べながらこの記事を書いている。KFC の富山インター店の閉店時間 23:00 ぎりぎりで購入したものだ。そもそもなんで日本シリーズの第6戦まっさかりのそんな時間に「マイごちセット」などを買っているのかというと、病院の帰りだからだ。「ノロウィルスは前兆に過ぎなかった。そしいま、災厄の November」 である。

昨日、みーくんが気管支炎で入院し、付き添いをしていた。昨年とは違って、みー君の主食は母乳ではないから、今日は5時間におよぶ単独付き添いを敢行し、病院のベッドの子供用柵を乗り越え損ねて転落事故を起こしたりしたが(転落したのは私だ。念のため)、無事使命を果たした。夕刻から日本シリーズを見始めたのだが、延長15回の「なんとか今日の内に終わった」というべき試合で、さすがに呆れて帰宅することにした。マイごちセット購入はその途中であった。

そしてこの記事は、ingres IV (msi u-100) に導入した Fedora14 を使って書いている。いよいよ museo.atso-net.jp / renoir のシステム更新が間近である。


作成: 2010-11-06 23:33:46.0更新: 2010-11-06 23:33:46.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=931,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/931