移行作業やっと終了

<< 戻る   トップ >>

2008年11月10日 千歳空港にて 記事とは何の関係もないのだが、そういえば画像のアップロードテストをしていないな、と思ったので掲載。

昨日の午前中にファイアウォールを建てて、SELinux の鍵をかけてようやく Fedora 14 への移行作業を終了した。毎度ぐだぐだでその場かぎりの更新をしてきたが、今回はよく記録に残せたと思う。しかし最大の問題は記録したことを記憶していないことなのだ。

そして昨日の午前中になんでそんなことができたかというと、1) みーくんの風邪、とくに咳がひどいので保育所に預けることを避け、午前中は仕事を休んだ。2) そのみーくんが爆睡。という状況だったからだ。ファイアウォールの VNC 接続関連の設定を間違えてモニター抱えて二階のサーバ室(妻の書斎ともいう)と往復しても寝ていたからね。その分午後は昼寝せず妻は遊び相手を続けるしかなかったそうだ。

CUPS プリントサーバも立ち上げた。ただし、最大のクライアントである妻のパソコンからの動作試験をしていない。さらに、毎回プリントサーバをインストールし忘れるのもどうよ、さらに毎回プリンタ名称を忘れるのもどうよ、と思ったので CUPS 設定もバックアップすることにした。どうやら、/etc/cups/printers.conf をバックアップすればよいようだ。

cron によるバックアップも仕込んでおこうと思う。SELinux 強制下でも /etc/cron.monthly にファイルを追加して動作する目処がついたし (cron.hourly 下で動作した)、ファイル名に日付をつける方法も思い出したし、あとは念のためメールを送るようにすればそれでよかろう。そしてバックアップスクリプトもバックアップの対象とするのを忘れずに。

次のお楽しみは DNS だ。DNS 設定を楽しむ心境にようやくなったか... という話はいずれ。


作成: 2010-11-25 12:07:31.0更新: 2010-11-25 12:07:31.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=943,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/943