風邪日記

<< 戻る   トップ >>

3月3日(木) に風邪の症状を訴え始めた妻は、翌3月4日(金)は声が出なくなり商売柄仕事にならずに一日静養し、3月5日(土)はホームドクターで治療を受けて小康か、と思ったところ夜半に例の呼吸困難騒動を起こした。結局好転しないまま日を重ね、3月9日(水)にかかりつけの呼吸器科医のいる総合病院に入院したのであった。

一方、私はその3月9日に風邪をひいた。入院及び仕事が多事多端で総合感冒薬では症状を緩和すらできずに日を重ね、ようやく3月12日(土)に医者にかかることができた。もらった薬は効いているのだが、そこはそれ、親を休むことはできないし、さらに今日なんかは仕事でどういうわけか霰吹雪の... いや、吹霰の中、小一時間ほど立っていたりしたのでなかなか完治しないのであった。

明日は妻が退院する。美しき家事の譲り合いが予想される。あるいは病気の重さ比べ。


作成: 2011-03-16 14:35:40.0更新: 2011-03-16 14:35:40.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=982,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/982