如何にしてブログを書く時間を確保するか

<< 戻る   トップ >>

この連休中、ブログを投稿すべく努力を心がけていた。連休初日の29日には準備稿をいじっていてみーくんに邪魔される、という状況でそれでも夜には投稿するつもりでいたのだ。これが後に述べる妻の第二子出産未遂によりてんやわんやの夜は更けるは、翌30日はそのまま寝不足で一日を過ごす破目になってそれどころでなくなったのであった。まあ、この二日間については多事多忙により止むを得なかったといえよう。

5月1日と昨日の5月3日はいつもの休日のように、昼寝を含めてみーくんの就寝とともに私自身も寝てしまう、という有様で投稿できなかった。あるいは、例によって貴重な休みをブログに割くことはなかったわけだ。

さて、本記事はどのような状況で書いているかというと,みーくんの昼寝中に昼寝を共にせずに書いている。やはり小さい子供を抱えていると「自分の時間」はそれなりに努力して作らなくてはいけない。問題はそうする膂力に欠ける所だ。


作成: 2011-05-04 16:15:25.0更新: 2011-05-04 16:15:25.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=991,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/991