写真をどう取り扱うか - Google Photos を試す

<< 戻る   トップ >>

次期スマートフォンに想いを馳せながら、そういえばこの「鴨乃嘴南蛮」の写真をどうしよう、と思った。動画のアップロードの際にも問題になったところだが、現在の仕様ではデータベースにバイナリデータとして放り込む、という荒技を用いている。そんな大解像度の写真を使うことはあるまいよ、とい考えたのだが、いろいろな意味で刻が追い越していく。疲れを知らない子どものように。

大解像度写真を扱うとなると、データベースはさすがによろしくない。そうなると画像フォルダをつくってそこにアップロードする仕組みを作るか、ということになる。現行の鴨乃嘴南蛮を作る際に検討した仕様だ。しかし、動画を You Tube に任せたように、Google Photos なりなんなりの画像系アーカイブに任せた方がよいのではないか、と気が付いた。さまざまな(近代的な)ブログシステムを調べてみると、当たり前に Google Photos の写真をリストから選択して記事に組込む機能ができている。

思えば、スマートフォンやタブレットで撮った写真は深く考えもせずに Google Photos にバックアップしている。Google Photos に任せるのが得策のように思える。そんなわけで、軽く実験をする。

STEP 1
Google Photos に公開用のフォルダ(アルバム)をつくる。リンク URI が得られた。ちなみに、そのURIにアクセスすると Google Photos にアクセスして、まさしくアルバムを閲覧することになる。
STEP 2
アルバムに写真を追加し、その写真の URI を得る(長い)。
STEP 3
<img/> タグを使って表示してみる。

うまくいったようだ。ただし、身の回りに Google ID の有効なブラウザしかないので、そのようなマシンからアクセスを試みたい。

それにしても URL が長すぎるのだけど、ほんとうにこれでいいのか。

いけなかったらしい。上記のステップでは、テンポラリな(そして長い)URI しか得られないらしい。

STEP 2'
アルバムに写真を追加。
STEP 2.1
Google からログオフし、先程のアルバムのURLをアクセスする
STEP 2.2
写真を選択し、その写真の URI を得る(やや長い)。
STEP 3
<img/> タグを使って表示してみる。

作成: 2019-12-10 09:12:09更新: 2019-12-10 09:12:09
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1438,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1438