2019年12月の楽しみ

<< 戻る   トップ >>

この12月の楽しみと言えば、なんといっても STAR WARS Episode 9 だが、その他にも心待ちにしているものが二つある。

一つは Northrop Grumman B-21 だ。軍用機の開発がスケジュール通りにいった試しのない中(例外がないわけではない)、どういうわけか順調に計画が進行しているらしい。そうなると、そろそろ初飛行に向けて姿を現してもよい頃だ。奇跡はそう簡単には起きないので、件の如く遅れ始めているのだろうか。

この B-21、米空軍の発表した想像図では B-2 の発展型の全翼機なのだが、まさかまさかのサプライズで F-23 の拡大版ということはないだろうか。F-22 にステルス性では勝りながらも、格闘戦性能で苦渋を飲んだとされている F-23 だ。F-15の角度揃えて武器槽を設けただけで面白味のないフォルムだった F-22 より、F-23 はいかにも近未来でカッコよかった。スラストベクターノズルはずして、全体的にスケールアップすれば超音速ステルス爆撃機の出来上がり、全世界三億二千万人の F-23 ファンは狂喜乱舞…ってことはないだろうな。

もう一つは FIAT 500X PHV の発表だ。FIAT 500系列といっても、実は JEEP レネゲードと同じフレームだそうだからかなり大きい。それを Plug-in Hybrid Viehcle にしたモノが12月に発表されるはずなのだ。

果たして FIAT Japan が取り扱うかは定かでないが、もし国内でもそこそこのお値段で入手できるのなら、次期自家用車の有力候補だ。こちらの発表も待ち遠しい。


作成: 2019-12-19 10:30:38更新: 2019-12-19 10:30:38
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1439,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1439