続・本棚を空ける

<< 戻る   トップ >>

「本棚を空ける」の続きなので、さらに別の作品を廃棄したのかというとそうではなく、「冥王計画ゼオライマーΩ」の再読が進まない、という話である。よく考えてみれば、本当に面白くない作品ならば13巻にわたって購読し続けるわけがないのだ。この作品の場合、どうしても元祖「冥王計画ゼオライマー」の影を引きずってしまうところはある。一度読んでいるはずなのに、読みかえしてみると思っていたより面白い。

そうはいっても本棚は空けなくてはならないし、「どうしても再読したくなったら電子版を再購入する覚悟で」廃棄することにしよう。


作成: 2020-01-07 20:49:38更新: 2020-01-07 20:49:38
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1444,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1444