バーザムを作る / アプリケーションを配備してみる

<< 戻る   トップ >>

BANDAI HG 204 BARZAM Body

猛烈にガンプラを適当に作りたくなって、「適当」となるとあまり思い入れのある奴は作れないな、それに部品点数がなくってさっくりと組める奴がいい、ということで、HG-204 "RMS-154 BARZAM" を作ることにした。「妙に存在感のあるやられメカ」であり、「それまでと設計思想が違うという設定をつけないと説明ができない異形」でもあって、にも関わらず思い入れは薄い、というモビルスーツである。一気に完成まで持っていく気はないので、今日はとりあえず胴体だけ。

Apache - GlassFish の連携がうまくいったので、アプリケーションのアップロードを試みる。まずは、非常に単純な、静的な HTML ページだけで構成されるアプリケーションから。

そして、この単純明快なアプリケーションの配備がいきなり失敗するわけだ。正確に言うと、管理コンソール(Web) からの配備はうまくいかないが、サーバのコマンドラインからはうまくいく。アプリケーションを配備するサーバ上のフォルダの Permission の問題ではないかと睨んでいる。Web 経由の配備がうまくいかない理由は明日調べるとしよう。なお、アクセスは次の URI で可であった。


作成: 2020-02-08 17:03:03更新: 2020-02-08 17:03:03
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1460,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1460