アップロード問題の顛末

<< 戻る   トップ >>

バーザムは順調に組みあがっている。

Web からのアプリケーションアップロードがうまくいかない問題について、まずは単純なミスがないか、すなわち配備先である /opt/glassfish5/glassfish/domains/domain1/applicatins のファイル permission などを見てみたところ、755 で問題はなさそうだ。そうなると、毎度お馴染み silinux が関連しているに違いない。そうなると、場当たり的に対処してきた selinux への理解が必要になりそうだ。などと殊勝な展望をしつつ、念の為 selinux を permissive に変更してアップロードしたところ、やはりエラーとなる。そこで、"deploy() origpath is null glassfish" というエラーメッセージと単語 GlassFish を併せたキーワードで検索したところ、GlassFish の git-hub の issue にたどり着いた。

どうやら GlassFish 管理コンソールのバグであるらしい。

<form id="form" class="form" method="post" action="/common/applications/uploadFrame.jsf" enctype="application/x-www-form-urlencoded">
</form>

上記 <form> タグの enctype が "application/x-www-form-urlencoded" とあるのが間違いで、"multipart/form-data" であるべきということらしい(少し英語の理解が怪しい)。それならサーバのコードを修正しようか、と思ったのだが、修正箇所を探すのに難儀してついに見つからなかった。asadmin コマンドで配置できることでもあるので、とりあえず放置する。

これで、GlassFish サーバ設置編は完了とし、「最新5記事だけを表示するブログ」を目指す。まずは地味に開発環境へのデータベース設定から。


作成: 2020-02-09 21:32:21更新: 2020-02-09 22:16:10
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1461,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1461