開発環境を整備する (MariaDB編)

<< 戻る   トップ >>

シリウス 殺風景なのでネコ写真。シリウス (3.3ヵ月)

そもそも開発機 ingres に MariaDB サーバがインストールされているかどうかする忘れていたのだが、インストールされていたようだ。しかも、以前の nanban_web database セットも入っている。ただ、ユーザ nanban を追加して、nanban_web へのアクセス権を与える必要がある。どうやるんだっけ。root でログインして、

> create user 'nanban'@'localhost' identified by 'password';
> grant all on nanban_web.* to 'nanban'@'localhost';

nanban でログインして、

> use nanban_web;
> select title from article limit 5;
+-------------------------------------------------------------+
| title                                                       |
+-------------------------------------------------------------+
| Livedoor 時代のブログ                                       |
| Java plug-in の 共通DOM API                                 |
| ウインドシンセ                                              |
| 勘違いまたは老化現象                                        |
| javascript によるアプレットのロードについて                 |
+-------------------------------------------------------------+
5 rows in set (0.001 sec)

次は、 GlassFish と MariaDB との接続なのだが、その前に Eclipse の使う JRE や GlassFish の使う JDK の場所を JDK バージョンアップに対応できるように設定したりした。あと、備忘として、Elipse でサーバを起動した後は "Restart Server" ではなく、"Publish to Server " ボタンを使うべし。


作成: 2020-02-10 18:40:55更新: 2020-02-10 18:40:55
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1462,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1462