忘れられた SSL 認証サーバ更新

<< 戻る   トップ >>

昨日、SSL 認証局 Let's Encrypt からお手紙がついた。認証の有効期限が19日後(6月5日) に切れるから更新しろよ、というもので、危うく SPAM 扱いするところだった。Web で更新方法を検索して、更新をかけてみたところ、エラーが起きる。そういえば、同じことを以前やっている、と思ったら 2020年3月7日に「SSLサーバ証明書有効期限切れの奇襲を受ける」であった。このときもメールは来ていたはずで、奇襲でも何でもなかったのだ。なお、この記事の中で certbot と書くべき所を cerbot と書いていて検索にかからないというおまけまでついていたのであった。

おそらく、この記事を書いた時点では、monthly に動くスクリプトとか書く「つもり」で適当に対処法が書かれていたので、とりあえず対処法の記録を残しておく。

# cd /etc/httpd/conf.d
# mv virtualhost.conf virtualhost.conf.disabled
# systemctl restart httpd 
# /usr/bin/certbot renew
# mv virtualhost.conf.disabled virtualhost.conf
# systemctl restart httpd 

作成: 2020-05-17 06:49:17更新: 2020-05-17 07:10:15
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1517,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1517