Fractal Design Era ITX

<< 戻る   トップ >>

久しぶりによいデザインのPCケースを見つけた。Fractal Design 製の Era ITX だ。名前の通り、mini-ITX フォームファクタのコンパクトケースである。とくに、Titan Gray カラーが良い。まともな電源が入るし、水冷クーラーシステムのラジエータも組み込むことができる。光学ドライブ用のオープンベイはないが、必要なときにUSB接続すれば十分な今日この頃だ。いっそ現行の HP Pavilion Desktop PC s3720jp のケースと取り替えてしまおうか、と思った。

そう思ってあらためて s3720jp を眺めてみると、これはこれでなかなか捨てがたい。いろいろと改造し、無理を承知の電源や、ほんとにまともに冷えているのか CPU の空冷ファン、という不安もあるものの、入れ替える理由はない。

それにしても、近頃のメーカ製 PC のケースデザインは味気ない。自作用ケースも、コスト重視のシンプルなケースと、ゲーミング用の派手過ぎるケースに二極分化してしまっている。s3720jp がデザインされたのは、日本での発売時期 (2008年12月) から考えると、あの「リーマンショック」前。ひたすらコスト重視のデザインへと切り替わる前、最後の「色気はあるが派手でもないデザイン」だったのだろうか。

mini-ITX はそう簡単に無くならないだろうが、電源・冷却周りの問題で s3720jp が使えなくなるときもくるだろう。これからも Fractal Design のケースには注目していきたい。


作成: 2021-04-03 14:32:49更新: 2021-04-03 14:32:49
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1545,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1545