コールマンのリュック、引退

<< 戻る   トップ >>


黒い椅子に黒いリュックではわかりにくい。

2013年5月3日、岐阜県土岐プレミアムアウトレットのコールマンショップで買い求めたリュックサック、Coleman ブリーズ30 ブラック/ピンク スタープリントが引退することになった。原因はファスナーの「ムシ」の剥離である。

先代の YMCL KY USタイプ アサルトリュックサックでは、15インチ級のノートPC運搬に難があったため、大容量なリュックを求めて購入した。色・柄については選択肢が大過ぎて悩んだのだが、黒とピンクの組み合わせに、星柄の隠し味もよし、として選んだ。黒地にローズピンクのアクセントがドイツ軍戦車兵軍服の配色と知ったのはその後のことである。以後、8年間の永きにわたってよく働いてくれた。

今では、それほど頻繁に15インチ級ノートPC の運搬しなくなったこともあり、一旦先代のアサルトリュックを復帰させて様子を見てみることにする。もし、大容量リュックが必要になった場合には、The North Face の BC Fuse Box Ⅱ の採用を考えている。

【参考】ひさしぶりの酔っ払いブログである。


作成: 2021-06-15 21:08:37更新: 2021-06-15 21:08:37
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1549,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1549