ビルドパス、そしてジャカルタ

<< 戻る   トップ >>

予定通り「動的 Web プロジェクト」を作成してみる。とりあえず、ターゲット・ランタイムは指定せず、war ファイルを作って GlassFish にアップする、というコースを試してみる。

「静的な」ウェブページ、というか単なる HTML ファイルを作って war をまとめて GlassFish にアップした。アプリケーション名 HelloWeb でアップしたのだが、なぜか URL が "http://localhost.localdomain:8080/HelloWeb4184760742143412548/" のような長い数字つきになる。GlassFish 5 では起こらなかったことなので、何か設定がおかしいのかもしれない。そういえば、そもそも 5 では war ファイルのアップロード自体ができなかったはずだ。どこか設定を変更すればよいのではないかと思うので、見直していきたい。HTML ファイルの閲覧は問題なし。

いよいよ JSP を試そうか、というところで Eclipse 側で問題が発生した。JSP ファイルを生成しただけでエラーが生じる。「スーパークラス "javax.servlet.http.HttpServlet" が Java ビルドパスで見つかりませんでした。」とのこと。ターゲット・ランタイムの指定を飛ばしたことによる当然の帰結なのかもしれない。もうひとつ気にかかることがあって、GLASSFISH/glassfish/modules 下に jakarta.servlet-api.jar ファイルが格納されているのだが、その名前が "javax" ではなく "jakarta" になっていることだ。HttpServlet クラスも、jakarta.servlet.http.HttpServlet になってしまう。エラーの発生の原因はこれではないと思うのだが、旧 Java EE 下の javax. が jakarta. に変わったことにも対応しなくちゃならないのだな。


作成: 2021-07-01 20:50:55更新: 2021-07-01 20:50:55
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1556,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1556