JAX-RS について

<< 戻る   トップ >>

JAX-RS から何を受け取りたいのか、まず現状(鴨乃嘴南蛮 5)の CMS を見てみる。

  1. 最新の記事: 5つの記事(複数)を受け取る。
  2. フリーワード検索の結果: 記事(複数)を受け取る。結果によって記事(複数)と一覧に分られないか。
  3. カレンダーを構成する情報: 年月と記事がある日。
  4. 日付けで指定された記事: 記事(複数)を受け取る。
  5. カテゴリ一覧(1):ツリー構造のカテゴリ名称と記事数を受け取る。
  6. カテゴリ一覧(2):各カテゴリ内の記事一覧。「すべての記事」アイコンを付加する。
  7. カテゴリ(1): 記事一覧から記事を選択すると、その記事(単数)を受け取る。
  8. カテゴリ(2): カテゴリ内に「すべての記事」アイコンが存在し、カテゴリ内の記事(複数)を受け取る。
  9. カテゴリ(3): 実質的には「アーカイブ」。月毎に記事(複数)を受け取る。

記事本文を含む全情報が必要なときと、タイトルやカテゴリ程度の情報程度でよいときがある。本文を含む全情報を "article"、一連の article を "articles" とする(ただし、記事数が一つの articles が article であることから、article は必要ないだろう)。本文を含まない簡易情報を "list" とする。list は、その使用場面によって必要とする項目が異ることが考えれるが、@QueryParam / @MatrixParam アノテーションなどで処理することにする。

>
/articles/last artilces/last/3
/articles/freeword/$searchword
/articles/at/$year/$month/$day 「アーカイブ」にも用いる
/artilces/id/$id (事実上の/article)
/articles/category/$category $categoryId カテゴリ名は重複の可能性を排せない
/list/freeword/$searchword
/list/at/$year/$month/$day カレンダーや、アーカイブの公正に用いる
/list/category/$category
/category カテゴリのツリー

なお、SestoⅡでは、記事数によって記事(複数)と一覧を切り換える手法を取り入れたい。いや、数記事表示してスクロールで追加していく手法をとりいれるか。


作成: 2021-08-12 20:50:28更新: 2021-08-12 20:50:28
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1562,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1562