その後のヒヤシンス

<< 戻る   トップ >>

ヒヤシンスの水栽培だが、予想通り猫の被害を受けた。ヒヤシンスに興味を持った猫に引き抜かれる、あるいはちょっかいを出されて栽培容器が転倒する、などを予想していたのだが、「全く興味も何も持たない猫が、机上から飛び降りる際に蹴り倒す」という事故であった。その際、机上での転倒では収まらず、床への転落も伴った。被害にあったのは紫のヒヤシンスで、けっこうきれいに生え揃っていた根が根こそぎとなった。猫だけに。しかも、「(地上の)植物を根まで抜く」が根こそぎの本来の意味だが、今回の根こそぎは「根だけこそげた」である。

どうなることかと思ったが、根が再生して、回復過程にある。どうやら復活してくれそうだ。


作成: 2021-12-18 20:04:21更新: 2021-12-18 20:04:21
https://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1580,https://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1580